それが『こっち』


現在はMHP2Gをメインにプレイ中のゲームブログ。MHP・FF・パタポン2もたまにやります。
by mnmitsu
カテゴリ
全体
MHPプレイ記
MHP2プレイ記
MHP2Gプレイ記
パタポンプレイ記
+FFプレイ記
MHPキャラ紹介
その他
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
一言メモ&リンク
kaiでたまにうろついてます。

Xtag:mano4283
キャラ名:mano or DLAG

入る時間帯のおよその推測は以下の通り。


【日勤時】
PM10:00~AM02:00
【前夜勤時】
AM07:00~AM11:00
【後夜勤時】
AM09:00~PM02:00
or
PM02:00~PM07:00


-同一人物管理他サイト-

リアルブログ
ネタボリック・シンドローム


-他管理人様サイト-

如月彼方の隠れ家

D P W .

FinalFreedomⅡ

夜の血が騒ぐ。

ADVANCE

アルゴス=クラテストの更新されないブログ

MapleJoyfull

天気はいつも雨

True

以下略。

空は蒼い

くっきんぐめいぷる2

-閉鎖?サイト-

暇人街道まっしぐら。・゚・(ノ∀`)・゚・。

椛の自称ヒーロー(ひろぽんじゃないぞ)!ValrasMagicの日記じゃないか?


日記じゃね?
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

11/11―『Let's go to the ランサー』

突然ですが、しばらくDLAG君に執着することになるかも。

ノフィァ。manoyoshiです。

いや、manoに飽きたわけじゃないんですが、

ただ何というか、ですね。

金欠が凄い状況になっておりまして。

40万zはあったはずなのに、いつの間にやら22万zですか。

いつの間に使ってたの!?と自分でもビックリした。


原因は「一日一つ」とか言いながら、バカみたいに作成してた武器でした。

ブログには載せてないけど、雷属性の弓作ったりしてますもん。

んでそれ以上強化できないことに気付いて泣いたりしてますもん。


でもほら、ポルノだって歌ってるじゃないですか。

Let's go to the ランサーって。

狂喜する声が満ち溢れてた~♪

・・・それはプッシュプレイだ!


※ちなみに、正しくは「Let's go to the answer」です。




さて、まずはDLAG君の前に、manoの報告から。


とりあえずちょっとでも村長クエストクリアしようと思って、

イーオス20体討伐クエストに挑んできました。

バサルモスがいるけど、普通に無視しようと思ったのに、

ペイントして突進(ランスで来てたので)しまくって遊んでた・・・

イーオスならともかく、バサルの毒ガスにやられるとは思わなかった・・・


んで最近新しい古龍と戦いたかったわけですよ。

ナナとかテオとかオオナズチとかいるじゃないですか。

キリン?・・・無理!


で、集会所の☆5を覗いてみたら・・・テオだけ火山にいる。

火山かー。

別マップがいいんだけど欲張ってはいられないな・・・


ということでテオ討伐クエストに挑んできたんですが、

何というか。えー。嫌な予感はしてました。

だってテオを初めて見た途端、ティガのあの憎憎しい顔を思い出しましたもの。

そういやティガもこんな風に意地悪な顔してたよな・・・と。


・・・予感は的中。

もうな、ありえないわけだ。

近づいただけでダメージってのは別にいいんです。

それよりも厄介なのは、

あの突進の方向修正は何?

嫌でもティガを彷彿とさせましたよ!?


思えば何度戦いながら「クシャルの方がいいし」と言ったことか・・・

15分が経過した頃、頭に一発斬りを入れたら転倒し、

そこでハッと思い出したんですが、

古龍って、頭に攻撃入れるのが普通だったんだっけ?


頭に攻撃入れれば転倒するし、更に攻撃すれば頭を破壊して、

風圧とかダメージとかが無くなるはず・・・

そういやすっかり忘れてた!ということで頭を狙い始め、

するとすぐに頭破壊したらしく、ダメージが無くなった。

しかし相変わらず怒り時の突進方向修正がおかしい・・・


残り薬もあとわずか・・・

こりゃリタイアかな・・・と思い始めたその時、

突然テオが一声高く吼え猛り、クエスト成功。

・・・25分経過して逃げやがった・・・(´・ω・`;)


テオ、思ったよりも難しいです。

なんせ羽とかが堅くて、思ったより弾かれるし。

更に咆哮もしてくる。


んで思ったんですが、これからテオと戦うときどうしよう・・・

剣術で弾かれずにサクサク攻撃していくべきか、

それとも耳栓で咆哮無視して突っ切っていくべきか。

今回戦ってみて、どっちも重要スキルだと感じました。

剣術と耳栓、どっちもある防具があればいいのに。

無理な話でしょうけどね・・・

装飾品でカバーしないと絶対無理だろうな・・・


んでその後、同じく集会所の「赤竜と緑竜」、

つまりレウスとレイアを一緒に討伐するクエストに挑んでみました。

まずは出会ったレウスから狩ることに。

尻尾を斬り頭を壊し羽を壊し、あとは攻撃あるのみ!

・・・と思ったらブレス吐いてる途中に異様な咆哮が。


おかしい・・・

レウスはブレス吐いてるはずだから吼えるはずはないし、

でも今たしかに咆哮が南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏!

カメラ視点変えたらレイアが来てやがった!


というわけで、急いで逃げようと思ったんですが、

もしかして・・・オトモがいればいけるんじゃね?と思いまして。

いや、やってしまったわけですよ。やっちゃいけないことを。

逃げ回りながら戦うことを。


でもまあ、多少ギリギリでしたけど、最初はまだよかった。

肝心のオトモのガル君は逃げては出てきて逃げては出てきての状態でしたけど、

私は少なくとも、あんまりダメージを食らわず。

確実な隙を狙ってレウスやレイアにダメージを与えていく。


ところがレイアが怒った・・・

ひいい!と慌てて逃げようとしたら、その傍らではガル君がレウスを怒らせてた・・・

ダブル突進を避けつつ、それでも逃げれず、

ひたすら逃げ回っていましたが、遂に壁際に追い込まれてしまいまして。

昇天・・・リタイア・・・_| ̄|○


・・・うーん・・・

同じマップにいるのに挑戦するのはいくらなんでも愚かすぎたか。

というわけで次回こそは倒したいところです。


ちなみについでだから金欠事情を報告しておきますと、

現在22万zほどしかないってのはともかくとしても、

薬も減ってきておりまして。


普段私は、ハチミツやアオキノコだけ貯めておいて、

んで貯まったら適当に薬草と調合しているんですが、

それにしたって薬の減る速度も量もおかしい。

農場でハチミツが採取可能になったので、

ハチミツの量だけは300個と異常なんですが、

アオキノコの方は60個ほどしかないのにやたら減るわ減るわ。

というか、いつもなら薬が減っても、金は増えてるはずなんですけどね・・・


金の方はなぜ減ってるのかというと、武器を買いまくってるため。

あと防具作成もちょこちょこしてますし・・・

必要な防具以外は作らないようにはしているんですけど、

それでも武器で必要じゃないやつを作りすぎなんですよね、私。

龍属性の武器なんて双剣だけで充分じゃないのか?と思いますもん。

クシャルなんて2戦かかるとはいえ、黒刀で倒せるって・・・




んでDLAG君の方はだいぶ進めました。


というかですね。

もう正直、思っちゃったわけですよ。

俺、もしかしてもうボスモンスター倒せるんじゃないの?と。

防具はマフモフだけど、武器はエストックだよ?

攻撃力・切れ味共になかなか優秀なあの武器ならいけるんじゃないの?と。


そこでまあ、ドスギアノスより楽そうなドスファンゴに挑んでみまして。

ただ下位じゃなくて練習なんですけどね・・・

下位でもよかったんだけど、最初だから練習にしてみたのです。


とりあえずは突いて突いて突いてステップ。

突進されそうだったら緊急ガードするか突いてスルーさせるか。


それを繰り返すこと、およそ3回・・・

ドスファンゴがクルッと背を向けてトコトコ歩き出した・・・

え、ちょ、早くね?まだ戦闘開始して3分も経ってないよ?


慌てて突進でドスファンゴを追いかけ、後ろからサクサクサクッ!

ドスファンゴ、転倒。

すかさず突進を中断させて振り返り、突く!突く!突く!撃破!


んでこの戦闘で自信をつけた私はギアノス討伐クエストへ。

ギアノス防具作成に大きな一歩を得るべく、挑戦してみることに。

村長の5体討伐と思ったら大間違いです。

集会所の20体討伐の方です。


・・・まあ、数はどうあれ、問題はギアノスじゃない。

問題なのはドスギアノスなのです。

下位のヤツを倒せるかどうか。

それが不安で、今までこのクエストを受注したくても受注していなかった。


・・・まあ結果的に楽勝だったんですけどね。(´・ω・`;)

私一人だったら間違いなく苦戦してたんでしょうけど、

なんせMHP2Gです。一人じゃないんです。

オトモアイルーがいるんです!!


DLAG君が愛用してるオトモはカク君。

性格が「武器のみ」の野郎で、打撃属性の攻撃で殴りまくります。


打撃属性の攻撃には気絶判定がある。

そしてドスランポス系は体のあちこちに気絶判定する箇所がある。

カク君はそんなドスギアノスを殴りまくった結果、ドスギアノスが2回気絶。

2回目の気絶途中、私が突いて撃破。


その後のギアノス討伐も大して問題は無かったんですが、

あえて言えば・・・21体討伐して皮が4個しか剥ぎ取れなかったってのは何事?

皮ってこんなにレア物なんだろうか・・・


というわけでギアノス防具がやっと作れるー!

と思ったらドスファンゴの皮が足りなかった・・・

1個しか必要ないけど1個だけ必要。

要するに1個も持っていなかったのです。

慌ててクエスト欄を見ると、下位に沼地のドスファンゴクエストがある・・・

ドスファンゴなら報酬で出るかもしれないし、

沼地だからどっちにしろブルファンゴがいるな。


しかし私は「下位」ってことを忘れてました。

・・・一回の突進で体力の3割が持っていかれた。_| ̄|○

集会所でよかった・・・

集会所だから支給品で応急薬9個も使えるけど、

村長だったら3個しか使えないんですよね・・・


巣に逃げたドスファンゴを追って洞窟に入ると、そこはイーオスの楽園でした。

いやあああああああああああああ!!

マフモフでイーオスとか、いやあああああああああ!!

必死でドスファンゴばかりを攻撃していると、あっさり6発ほどで倒れるドスファンゴ。

ニヤリと含み笑いをしつつ剥ぎ取りし、

さあ、復讐だ・・・とジリジリとイーオスに近づく私。


そんなわけでギアノス防具作成完了です。

防御力はちょっとだけ強化して、現在109。発動スキルは探知と耐雪。

・・・自動マーキングが欲しいけど、我が侭言ってられない。

千里珠なんて作ろうと思ったら怪鳥の耳が必要なので、贅沢言ってられません。

千里眼の薬も必要になるしな・・・

そもそも一時的に使う予定のギアノス防具にそこまで色々かけたくない。

そのうちクック防具辺りでも作りたいのです。


とりあえず攻防共にそこそこ強化できたので、ギアノス防具で下位ドスギアノスへ。

これまた楽勝だった・・・

2回ほど逃げられたけど、その後はまた気絶のオンパレードだった・・・


更に調子に乗ったDLAG君はイャンクックへ。

・・・下位じゃなくて練習ですけどね・・・

下位のイャンクックとか、あと1週間くらい先にならないと無理です。

むしろ1週間先さえどうだかわかりません。manoに戻るかもしれないし。


練習クラスのクックとはいえ、やっぱり苦戦しました。

一撃一撃が痛かった・・・

ちゃんと強化してないギアノス防具じゃキツすぎでしたね・・・

クック防具作る前にワンクッション置いておかないとな。


さて、DLAG君はランスオンリープレイヤーなので、作れるランスは何でも作りたい。

ということで現在作ろうとしているのが、ダークランス。

麻痺属性のランスなのですが、なんせこれがめっちゃかっこいいのです。

現時点では緑ゲージ少ないんですけど、

そのうち強化できれば切れ味もちゃんと上がりますしね。

麻痺属性もついてるし攻撃力も悪くないから、

そうすりゃ主力ランスの候補に駆け上がれるってもんだ。


ただこれに必要な素材が、色々と難しい・・・

カンタロスの甲殻10個に女王虫の尻尾1個、麻痺袋2個・・・

どれもこれも難しいもんですな。


とりあえずカンタ甲殻と女王虫の尻尾は虫退治で楽にゲットできる。

毒属性の武器など必要ない。毒けむり玉さえあれば充分です。

こういう時のために毒テングダケと素材玉をとっておいて正解だった。

麻痺袋はドスゲネポスしかないな・・・

下位しかないし仕方ないとはいえ、あれはできれば避けたいんですけどね。

ドスゲネポスとか、現段階では倒せるかどうか不透明すぎる。


というわけでとりあえず現在は虫退治クエストやってます。

ボスが何も出ないってのがいいですよね。


ところがボスが出ない代わりに問題になっているのが、オトモのカク君。

この子、ドスギアノス戦ではプロも目を見張るほどの大活躍をしてくれたのですが、

この虫退治ってのはどうも苦手らしく、

毒けむり玉で毒にさせたカンタロスを殴って、バラバラにする始末。


対策はあります。

しゃがめばいいんです。

私がしゃがめば野郎もしゃがみ、それから野郎は私のとこにおとなしくやってくる。


ところがそこへランゴスタが攻撃してくると、

そこらのヤンキーが人と肩がぶつかった時のように、反撃に出る。

そして近くを通った毒状態のカンタロスにも八つ当たり。


おいやめろ!おい!とDLAG君も負けじとしゃがんでみるのですが、

DLAG君に近づいてきたランゴスタをカク君が殴ろうとして、

ご主人様を殴ってしまい、DLAG君、立ち上がる。


やめてええええええ!

暴力はやめてえええ!もう嫌!私出て行くわ!

何度そう言いかけたものか。


まだ成長しきっていないので、昼寝するわ攻撃力は低いわってのが幸いでしたね・・・

これでなつき度5になるくらい成長してたら恐ろしいことになってた。

manoのガル君だって、二発でランゴスタ倒しますもん。(´・ω・`;)


いっそのこと毒属性付加でもさせてやろうか。

でもそれにはゲリョス倒さないといけないんだよな・・・

ヤツは足が硬くて倒しにくそうで嫌なんですよね・・・

というかMHP時代、ランスでヤツを倒そうとして、

異常なほど苦戦したのが身に染み付いてるから、どうしても避けたくなる。


とりあえず今のところ、

何のスキルも覚えてないのに「攻撃しない」のスパイク君を連れて行く予定です。

オトモ連れて行かないのも考えたんですけど、それじゃ勿体無いし、

どうせならどんな状況でも使えそうな彼を使ってみようと思いまして。


それにしても「スパーク」みたいな、電撃的な名前なのに平和主義は無いよな。

「剛」って名前なのにおとなしくて虐められてるみたいなもんだ。
[PR]

by mnmitsu | 2008-11-11 08:15 | MHP2Gプレイ記
<< 11/12―『DLAG君、頑張る』 11/10―『夜叉作成なんだよ!』 >>